飲食店を経営しているならPOSを導入するのが断然お得

ビル

会社の処分方法

会社をつくったあとに経営がなかなか軌道に乗らない場合には、会社売却が選択肢のひとつとなります。あなたの会社が採用しているビジネスモデルを活用してくれる企業を見つければいいのです。会社売却には、専門ノウハウを持ったコンサルティング会社を利用しましょう。

売上の管理を簡単に

店舗

売上データを簡単に取得

売上情報を簡単に管理できるPOSレジは、飲食店の経営者にとって心強い味方です。POSレジは、単に一日の売上だけでなく様々なデータを管理することができます。例えば飲食店なら時間帯別の売上や、客層と言った情報も重要ですが、そういった情報も管理できます。また、POSレジと注文用のハンディターミナルを連動させれば、伝票を元にもう一度打ち込むという手間が省けますし、打ち直すことによる入力ミスもなくなります。ハンディー・厨房・POSレジと連携を取ることで、オーダーミスが減り、効率化が進みます。また、会計時のレジ操作も少なくなる為、特に混む時間帯などは会計待ちが少なくなったり、顧客満足度にもつながります。複数店舗の飲食店を経営する場合は、更にPOSレジの導入がカギを握ります。売上データを一括して管理するのは店舗経営としては必須となってきますが、POSレジを導入し、そのデータを本部のシステムで取得できるようにすれば、売上の管理が劇的に楽になります。売上データが一括管理できれば、採算店舗と不採算店舗が簡単にわかりますし、全体を通して、人気商品・不人気商品がわかるので、今後の商品開発にも役に立ちます。また、飲食店のマーケティング戦略として重要な客層・ピーク時間帯も把握することができます。チェーン店などの場合は、本部でメニューデータを作成し、データをPOSレジに配信することで、全店舗のメニューを本部が管理するといったこともできます。

握手

日本の素晴らしさを発信

インバウンドは訪日外国人という意味で使用されています。観光客以外に仕事で訪れたりする人もインバウンドと総称しています。国内の消費は落ち込んでいますが、外国人の消費は上昇しています。その形は商品購入から体感や見学に変化しています。まだ見ぬ日本の良い所を外国人は探しています。

地球儀

リサーチから発送まで代行

中国の大手通販サイトは商品が格安で購入できるため仕入先として優秀ですが、中国語のわからない人には敷居が高いものです。そのような人でも中国輸入代行を利用することで商品のリサーチや購入手続きを代行してもらえます。中国輸入代行会社は現地で検品した上で日本国内へ発送しており、FBA納品も便利なサービスです。